保管の精鋭かもしれない、あたし

しきりにカミさんという食材などを買いつけ、レジ決断をした余地に最近は当たり前のマイエコバッグにものを詰め込む際や家に戻ってきて冷蔵庫に食材を収納するのって性格によりスゴイメンテナンスが違うのではないかと現在思うようになった。
カミさんの食べ物なんかを収納するときのメンテナンスがどうもむかつく。ことごとく余地が無くかつ、壊れないような整備された納め側にならないのだ。けれどもそれをおもむろに注意したりするのは気がひけるから黙って自分のやりたいように直すのを一年中とやる。まさに「重箱のスミをつつくようなことでやり遂げるんじゃないよ」と拒否のアクセントを添えて。
現に、自分が納めてみると我ながらなんでもきっちりと、すっきりと物が減るのである。
たとえばデリバリーをエコバッグにいれる時もある物をすぐさま判断してこれをこうすればかしこく収まるな、がわかってしまう。ですから中心の物の保管は自分がやり、カミさんが最後にチェックして「グッ、ジョブ!」のお墨付きを頂くとのほほんと偉くなったような気分になるのが最近の自分。xn--zcka3mb4262ctqunn5ay87a.jpn.com