赤ちゃんとリバイバル?したわたしの母性

今日は友達の赤ちゃんんを見に行きました!
学生時代の近くが、すでに妻になり、赤ちゃんをあやしてる職場を見ると、ついつい感動的…!
本人はまったく嫁入りすら遠い風向きなので一段とだ 笑
久しぶりに身近に赤ちゃんが生まれてだっこさせてもらったのですが、
何だか赤ちゃんって酷いだねえ。だっこするのが怖かっただ。
首も座っていない生まれたての赤ちゃんだったので、何をやるにもおそるおそるでした。
今までめったに母性と言うか、赤ちゃんは愛くるしいとは思うけれど徹頭徹尾遠い世界のネタのように感じていたのですが、
最近では嫁入りやお産を講じる友達は増えたからか、まさによりどんどん好ましくもらい、また自分でも赤ちゃんがほしいなあ、と思うようになってしまいました 笑
これが母性なんでしょうか?笑
赤ちゃんのちっちゃなゲンコツや爪を見ると、人類をおんなじ風貌をしているのに、それがかなり小さくてなんとなく不思議な方針になりました。
お産のときの談話なんかも色々聞かせてもらったけれど、いつか自分にもそんなときが生じるのかなー、とはどうにも思えず慌てる片方だ 笑首 イボ クリーム